Back to Japan!

日本に帰ってきました〜。

 

やっぱりロンドンはいいね。

心が生き返りました。

 

 

 * * *

 

なんだろうねぇ。

気持ちがしゃんとしますね。

 

「わたし」がしっかりする感じ。

定期的に行かないとダメってことですね。

そのために英語の勉強、がんばります。

 

さて、今回の旅行ですが、

前後に8月6日、9日のこともあり、

それぞれの平和宣言を聞き、いろいろな海外の方のコメントを聞きまして、

ちょっと思うとことがありました。

 

なので、そのことについてまずは吐き出します。

 

 

 * * *

 

さて、少し真面目な話をします。

 

海外へ行くことの意味は、軽くも深くもできます。

ただ素敵な場所へ行き、有名なものを見て、海外のご飯を食べて帰る。

それでも良いと思います。

でも、本当の意味で海外を知ろうとするなら、

カタコトでも現地の人と文化の話をするべきだと思います。

ちょっと話そうと思うだけでも、語彙力のなさ、日本の文化や相手の文化の知らなさを認識させられます。それを知ろうとすることで、自分の質が高められます。

そして話してみると、世界の中で、日本があるいは日本人がどう思われているかが分かります。

 

そこでよく痛感するのは、私たちは"自分で考える習慣に乏しい"ということと、

"個々を大事にして個々で動く習慣があまりない"ということ。

(私たちとくくってしまってすみません。)


もちろん、海外の人がみんないつも個々を大事にしているわけではないし、

自分の意見があるわけではないですが、

自分を大事にする人は大事に扱うし、

遠慮する人はそういう人だということで、それ以上の対応はないという傾向にあると思います。

 

正しいとか正しくないとかではなく、

自己肯定して自分を大事にしていきたいですね。

 

海外と触れ合うということは、そういう機会を得るということなのかなとも思います。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    akiko (火曜日, 20 8月 2013 22:51)

    賛成!

  • #2

    田中 祥美 (火曜日, 20 8月 2013 23:04)

    サンキュー!