職業観

近頃、仕事の関係でマスコミの方々と関わることが増えてきた。

新聞社、テレビ局、定期刊行の情報誌、いろいろな方々が取材に来てくださる。

こういうと、報道にたくさん載っているようだが、

実際のところ、マスコミリリース(情報提供)して掲載に至る確立がとても低いのが、現状の課題。

 

 

 * * *

 

マスコミの窓口になる私は、

実は(当然?)相手の「倫理観」や「報道精神」にアンテナを張っている。

 

無理強いする記者なのか、

無理強いするとしても、そこに正義や配慮はあるのか、

それとも、自分のネタだけのために、相手に強引に迫るのか。

 

いろいろなタイプの記者の方にお会いしたが、

やはり、強引、あるいは一方的な記者は存在するようだ。

 

どうして、そんな人を社外に出すのか、

実際のところ社の方針を疑いたくなることもある。

でも、その人が記者を続けているということは、

なんらかネタに関する嗅覚について信頼されているのだろう。

 

どんな記者の方にも、同じ対応を心がけている。

その辺りは、接客と一緒かもしれない。

 

でも、

こちらの情報提供を受けて何の事前調査もしないで、

とりあえず教えてくださいという姿勢の方。

何度説明しても、同じことを聞かれる方、

そういう方には、分かりやすい内容しか情報提供できなくなる。

 

一方で、表面的な素振りを見せておいて、

実は根っこに大きな情報や思想を持っている記者もいる。

 

ちらつかせてはいるが、直接は説明して来ない。

最近は、このやり取りが面白い。

 

 

* * *

 

私の役割は、接点に立って窓口になること。

 

大きな責任や決定権を持っているわけではないから、

いかに迅速かつ的確に、記者からの取材依頼を報告し、

判断を仰いでさばいていくかが鍵となる。

 

とても大袈裟なことを言えば、

私が第一報を受け取り危機感を感じなければ、

対応が遅れる事態もあり得るということ。

(もちろん、窓口は私だけではないのだけど)

 

 

情報の中には、取り上げて欲しい物もあれば、

絶対に掲載して欲しくないものもある。

 

でも、内容によっては、「情報公表や説明をする責任」が法人にはある。

 

私が居る側と、記者の立ち場。

それぞれの要求を鑑みて、落としどころを考えていくことにやりがいを感じる。

 

やりがいと言うと不謹慎かもしれないが、

きっと、記者に強引にガマンさせることでもなく、

こちらが一方的に掲載されっぱなしになることでもなく、

それぞれが傷つかない、損をしない道を探ることに、とても意味を感じる。

 

地元でそれなりに存在感のある企業ならば、

組織と組織のお付き合いもあるし、

それぞれの業種の立場や責任も違う。

 

どちらが責めるでも責められるでもなく、

それぞれが職能を全うする。

 

まだまだ上手くできてはいないが、

それぞれの職業感を感じる瞬間である。