希望を持ち続けるコツ。

今日、ウォーキングをしながら

自分なりに希望を持ち続けるコツを考えてみた。

 

 

 * * *

 

人生はなかなか思い通りにいかないもので、

自分の力ではどうしようもないことが時々起こる。

 

10代〜20代は特にそれが顕著で、

大事な物をたくさん無くした気がする。

 

無くし物をする前の、純粋に心を開ける私は、

どうがんばっても戻って来ないんだなぁと、ふと思ったりする。

 

自分が何が好きで何を大切と思っているのか、

私は大人になるまではっきりと認識できていなかった。

そのせいで、肝心な時に相手に理解してもらえなくて、

続ける意思を持ち続けることができなかったりもした。

 

オーディション、大学、音楽、広告。

 

振り返ればいろいろある。

もう取り戻せないものもあるけれど、

がんばればまだ打席に立てるかもしれないものもある。

 

そう、どんなに小さくても、状況が悪くても、

草野球でもまちのソフトボールチームでも、

とりあえず立たせてもらえる打席に立ってさえいればよかったのだ。

今となっては、その有り難さを身に沁みて感じる。

 

 * * *

 

好きなこと、だけではなく、

好きな人、でも人並みに傷ついてきたりもしている。

 

今でも、あのとき、あの何年間は無駄だったのだろうか、

と思うことがある。

人生の一番いい時期を、私は分かっていなかった。

 

いや、でもおそらく、振り返れば「人生のいい時期」なんて、

ずっとずっと続いていたことになるのだろうけど。

 

仕事でも恋愛でも傷つくことが多かったけれど、

それでも、か細いながらも希望を持ち続けている。

 

 

 * * *

 

 

明日、自分や自分がいる環境を変えることはできないかもしれないけど、

もしかしたら3年後、5年後は何か変えられるかもしれない。

 

今突然、すばらしい作品を生み出したりはできないけど、

40歳や50歳で素晴らしい表現作品を生み出している人もいる。

 

あるいは、70歳を超えてもなお、

社会で活躍し、多くの人に認められる人もいる。

 

まだその年齢まで、もうしばらくある。

ということは、私がそういう存在になれる可能性もある、ということ。

 

この希望は、何もしなくてもある日突然誰かが引っ張ってくれる幸運ではなく、

自ら一歩ずつ前に進めることで手に入れることができる、自他共に認める幸運である。

 

苦しい時ほど、希望を。

苦しい時ほど、今よりも未来を。

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    麦わら帽子 (日曜日, 01 6月 2014 22:54)

    今日は声かけてもらえて嬉しかったです
    お花はよく買いに行くのですか?
    よければ今度アドレス交換お願いします
    またごはんでも行きましょう!

  • #2

    yoshimit (月曜日, 02 6月 2014 07:09)

    コメントありがとうございます(^^
    お花は数ヶ月に1度のペースです。気分次第です(笑)
    そうですよね、連絡先を交換していないかもしれません。
    こちらこそ今後ぜひお願いします!
    またご飯行きましょうね〜!

  • #3

    rk (水曜日, 11 6月 2014 17:50)

    絶望に塗りつぶされなければ、希望はどこかに残っているよ。


    とかいってーなんかパンドラの箱的な。
    最近家族そろって体調わるいです

  • #4

    yoshimit (木曜日, 12 6月 2014 06:09)

    どもです。パンドラですかぁ。
    いつ開けましょうかね(笑)

    天候が暑かったり寒かったり
    安定しないからか、私も良くないですよ。
    家族で体調崩すとなんだか大変ですね。
    お大事に。。。