転換期

日本が歴史的転換期を迎えようとしている。

 

いや、もう迎えたと言っていいのだろうか。

 

蟻の一穴の話をちら聞きする。

 

首都ではデモが起こっているのだろうか。

 

 

 * * *

 

「九条の解釈が変えられた」と、各紙報道されている。

 

憲法第九条。

 

私はこのおかげで日本は守られて来てたんじゃないかと思う。

 

例えば武力を持ったからと言って、

"人間関係の築き方が変わらなければ、状況は変わらない"のだろうと思う。

 

日本が世界での交渉力を高めるために必要なのは、武力ではない。

 

自立(律)できる国力を養い、人材を育てることだと思う。

 

 

 * * *

 

 

例えば将来、私に子どもができたとして、

 

日本に徴兵制がなくとも戦争をする可能性がある中、

今の自衛隊に入りたいと言ったとして、

 

彼の人生を尊重すべきか、

それともあくまで断固反対の姿勢をとるのか。

 

どの親も、本人が望んだからと言って

自分の子どもが何かの犠牲で亡くなることは本意ではないと思う。

 

 

これからどうなっていくのだろう。

 

民間レベルの外交では、保てないことが今は立て続けに起こっている。

 

 

 * * *

 

 

経済成長期に多くのことをお金で調整してきた日本は、

 

お金があまり使えなくなって来た今、

 

今度は人を使おうとしているように感じられる。