ボランティアから感じること。

幸か不幸か、広島の土砂災害で

ボランティアの運営側に入る機会を得ました。

たった3日間お手伝いしただけですが、

ヘトヘトになりました。

早くから、支援に関わられている方々を本当に尊敬します。

 

 * * *

 

ボランティアを初めて間近に感じで思うことは、

いろいろなことが「難しい」ということです。

 

広島で大規模災害という初めてのケース。

世間は、神戸・淡路大震災から東日本大震災を経て、

ボランティアというものがかなり身近になっています。

参加に対する気持ちのハードルはかなり低くなっています。

 

つまり、報道を見て自主的に手を上げてくださる方々が本当に多いのです。

もちろん県外からも問い合せが多く入ります。

 

それに対して、迎え入れる側は初めてのことで、

やりながら運営システムを整備している状況です。

近い前例は震災と津波。

共通点もありますが、違いももちろんあります。

今回は、「都市型災害」といわれているそうですね。

 

 

  * * *

 

いろいろ思いはありますが、

今現在、変化する状況の中で向き合っている方々がたくさんおられます。

ここに書くことでご迷惑をおかけするといけませんので、

控えさせていただきます。

 

被災者の方々には心からお見舞い申し上げます。

現場は必死です。被災者も支援者も。