誕生日をすぎて思うこと

近頃、心から何かを楽しむということをしていないなぁと。

休暇に入り、改めて振り返る。


そんな中、誕生日にFacebookやLineにいただいた数々のおめでとうメッセージは

心癒されるものでした。

 

こんな私に、数年会っていない人からも、海外の友だちからも。

覚えていてくれて本当に嬉しい。

(FBが勝手にリマインダーを送りつけるとはいえ:笑)

 

ひと言ひとことに、相手の顔を思い浮かべました。

ありがとうございました。

 

 * * *

 

かつて、あんなに前向きでどんどん前へ向かっていた自分も、今は昔。

どうなんでしょうね、この落ち込み様。

 

誕生日を機に、さらにはこの一年をかけて、

身軽な自分になるべく、密かにいろいろと手を付けているところです。


前半戦としては、仕事のなんやかんやで忙殺されている状況を片目に見つつも、

いや、こんなことぐらいでどうしてへばっているのだろうかと思いつつ。

しかしその苦しさが強過ぎて、いろんなサイトや本へ救いを求めてきました。

 

「睡眠の重要性」「決断力」「物を捨てること」

 

ムダなものや望まないものを私が抱えすぎていることは分かりました。

(「エッセンシャル思考」という本はオススメです)


それから、自分が他人と比べて体力がないであろうことと、

ないことを嘆くのではなく、自分が動ける範囲をきちんと守って歩くこと。


それから、「自分で変えていいんだよ」とおまじないをかけてあげることも大事です。

 

できる・できない、という観点の他に、

やっていい・やってはいけない、という見方があるように思います。


周りを気にしなくていい、

今の環境を変えてもいい、

自分は好きなことをしていい、

自分は幸せになっていい。

 

大きなことはもちろん、日頃の小さなことも、

自らOKサインを出してあげることで、

自己肯定を自ら養っていくことが大事ですよね。


 

 * * *

 

なかなか分からないところで、人は経験にもとづきブレーキをかけます。

もちろんそれは必要です。

充実した人生というのは、何でも好きなことをする人生ではなく、

きちんと自分で自分の思うようにコントロールできる人生なんだろうと思います。


違う言い方をすれば、主役感を感じられているかということですかね。

 

人に煩わされ、予定外のアクシデントがあり、

それも含めて自分で決めて対応し、

振り返って笑えるならそれはとても充実した人生だと思います。

 

大事なのは、いろんなことを勘案して自分で決めること。

 

これに尽きます。

 

 

さて、もうすぐ後半戦がはじまります。

準備はもう進めています。

 

人によっては結構大きな決断と思うかもしれませんが、不思議と不安はありません。

きっとできるだろうと思うし、私はきっと楽しんで取り組むと思うから。


またお知らせできることがあれば、こちらでも掲載いたします。

 

誕生日は、NEWな自分にリフレッシュするチャンスです。

焦らずともタイミングは、誰にだってきっと訪れます。

 その時に動けるかどうかは、日頃の準備次第ってことですね。

 

 

何歳になっても、私の根っこは変わりたくないと言っているし、

幸か不幸か、きっと変われないのだと思います。



(写真は、先日友だちの写真展を見に宮島へ訪れた時のもの。店舗の写真の映り込みに少年のようなリュック姿の私がいます)