底辺に近い心もちで

ここ1ヶ月、絶不調な日々です。

仕方ないのだけどね。

 

誰のせいでもない。

でも、自分を大事にするとか、自分を守る方法がよくわからず、

受け止めることしかできないなぁと、悩んでいます。

 

 * * *

 

一見全く関係ないような以下のリンク記事ですが、

わかる人にはわかるのだと思います。

私も然り。

 

ひとそれぞれ、心の闇はあるもので、

原因がわかっているだけまだマシなのだと思います。

 

 

『黒子のバスケ事件』犯人の最終意見陳述について

http://kamipro.com/blog/?p=16006

 

 

 

これを読んで、自分がどうして過度に無理を続けるのか、どうして不安定なのか、こうなった理由が少し理解できた気がします。
本当はわかっていたのだけど、他人の言葉で説明されると、あぁやはりそういうサイクルは存在するのかと再認識をしますね。

 

ひとしきりいわゆる『思春期』の頃に悩み尽くして、

社会人になってからもずっと悩み続けて、

いい加減にそのせいばかりにしたくなくて乗り越えた気でいたのだけど、

疲れると顔を覗かせるんだよね、いつまでも。

 

以前、カウンセラーの先生から

「人間は成長の段階で足りないものがあると、いつまで経ってもそれを求め続けるらしいよ。」と言われていて、

その時の例は、「無条件の愛」でした。

 

そういう人はごく一部で「特殊だ」というのは間違いで、

私はみんな誰しも「埋められない何か」を持っているのだと思います。

 

それが、よく作用したり悪く作用したり、

誰かと自分を引き離したり引き寄せたり。

 

一定の範囲で収まっていれば犯罪者にならず、収まらなかった場合、

犯罪を犯してしまうんだろうと思います。

つまり、理解の範疇を超えて、案外紙一重であると私は思っています。

 

 

 * * *

 

誰も特別ではないし、誰も変ではない。

 

調子が悪いので、つらつらと思考をしたためてしまいました。