早くも残暑です。

もう少しで、また一つ年を重ねます。

誕生日を過ぎればもう夏も終わりです。

 

なんだか日々あっという間。

今年も脳や身体をいろいろと酷使しています。

でも今年はほぼ自分のために、です。

 

 * * *

これまでは、仕事も心配だったし、

いろいろやらなくてはと、背負い込んでいたのですが、

だんだんと、ここで背負い込んでみてもあまり報われないことを痛感し、

それよりも、次の世代が最低限お仕事をできるようになればよいかと認識を変え、

自分の残りの人生のことを考えるようになりました。

 

幸い、通学中の美大はわりと成績も良く、

3年になって先生にも覚えてもらえている様子。

 

他のコースの科目や学芸員資格や、

いろいろなデザイナーさんのお仕事や仕事を通じた哲学

(とまでいかなくでも大事にしている考え方)などに触れ、

すぐに興味の分野が広がります。

 

 * * *

 

森羅万象、すべてのものに通じるのかなと思うのは、

無理矢理こじ開けようとしても、頑張って背負い込んでも、

「そうしなくては」、とがんばるものはあまり向いていないもだと思う。

自然と気が向いたり、流れができてきたり、広がったり、

いわゆる水面の船をちょいと押したときに、つつつっと自然に進む感じのものは

自分に適していて、また、適したタイミングなのだと思う。

 

がんばればたいていのことに適応はできるけれども、

向いていないものに適応するのはとてもエネルギーがかかるので、

疲弊もするし、回復に時間もかかる。

 

好きなことをしているときは、疲れた後に妙な爽快感も生まれ、

アドレナリン、サイコー、ってわけです。

 

 * * *

 

そんなことを考えながら、まだまだ自分を酷使するわけですが、

課題の制作にもそれは言えるようです。

 

一生懸命考えて体裁整えてがちがちに軸をまとめても、疲れるばかりでうまくいかない。

最近は、一旦軸をつかんだら、案をジャンプさせながらどれだけ無駄をそぎ落とすかを考えています。

無駄なことしない、変に手をかけない。でも、思考はMAXまで行い、ディテールも手をかけます。

 

 * * *

 

なんのことを話しているかわからないと思います。

すべて、私の成長メモということで、お許しください笑

 

さて、今年も後半。

がんばります。

 

 

あ、12月に写真展を行います。

また告知します。